2009年01月03日

お雑煮ほか(連れの実家にて)

今年もどうぞよろしくお願いします。
ネコ温度計、賀正の文字あり。右下では餅が焼けてる・・・。

福岡に来てから、年末年始は、車で15分のところにある連れの実家で過ごしている。どこにも行かず、ぼーっと過ごし、食べるものもほとんど同じ。腰が軽くマメな父上と、手づくりの定番料理を美味しくつくってくれる母上が、ことごとく面倒をみてくれて、私と連れと、連れの妹の3人は、ほんとうに何もしない(ごめんなさい・・・)。

お正月のメイン料理は、この家では具だくさんの博多雑煮。焼アゴ(トビウオの干物)と昆布で澄んだおだしをとり、具はアラ(白身のお魚)、椎茸、鶏肉、焼豆腐、紅白のかまぼこ、そして、かつお菜が入る。このアブラナ科の菜っ葉は、博多雑煮には欠かせないそうで、連れの実家では父上が栽培してくれていた。餅は、茹でた丸餅。椀に大根の薄切りを敷いて、その上に乗せる。こうすると餅が椀にひっつかないのだとか。

三が日の朝ご飯は、いつもこのお雑煮をいただいて、そのほか、がめ煮(筑前煮)とか豆とか数の子とか、それから一口カツとかアラのフライ、デザート用の紅白寒天やフルーツなど、パーティー風に大皿に盛りつけた料理に各自が手を伸ばす感じ。面倒なので、お重には詰めないのだとか。わりとラフなので楽ちんではある。美味しかった〜。


posted by ルイ at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豪華なお雑煮だね!

うちはもともと東京風のところを母が気を使って鶏を抜いてベジタリアン対応にしてれくたので、さらにあっさりになりました。

Posted by ayako at 2009年01月04日 18:35
>ayakoさん

東京風というと、すまし汁に焼いた角餅が入るのかな。
野菜だけのお雑煮も、さっぱりして美味しそうだね〜
小松菜とか、ニンジンを入れるのかしら?
Posted by ルイ at 2009年01月05日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。