2009年01月17日

福岡市西区「日本一たい焼き」

1月11日の日記に書き忘れていたが、帰りがけに、今宿の「日本一たい焼き」に寄った。連れは仕事で時々前を通って、何が日本一なのか、気になっていたのだそう。

日本一たい焼き
(公式ホームページが見つからなかったので、食べログのURLを貼りました。)

日曜の夕方遅い時間だったので、3種類のあん(黒あん、白あん、クリーム)のうち、黒あんだけが残っていた。3匹買って、家に持ち帰って食べる。
私はたい焼きマニアではないので、味にはあまりこだわらないけれど、このたい焼きは皮がやや厚めで、パリッ、カリカリッと焼かれている。ちょっと風変わりではあって、その意味では日本一と呼んでもおかしくないかも。冷めて乾燥すると固くなってしまいそうだったが、たしか袋に温め方のコツが書いてあったような(忘れた)。アメリカンドッグでも最後のカリカリが好きな私は、結構好みな食感だった。あんは、ごく普通の粒あん。

家に帰って、連れに「お腹いっぱいだから、半分だけ食べたい」といったら、包丁で実にきれいに、縦に(背側と腹側の半分になるように)切ってくれた。意外と丁寧で繊細なんだと驚き。私だったら、手で適当に、頭側としっぽ側に割っちゃうだろう。
たい焼きを半分こする話は、もともと伊藤理佐の漫画『おいピータン』のネタ。こんな半分この仕方もあるのかと、結構笑えた。あなたなら、どう分けますか。


posted by ルイ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。